子どもと行きたい博物館・千葉

佐倉市立美術館

佐倉市立美術館

佐倉市立美術館(さくらしりつ びじゅつかん)は、千葉県佐倉市新町にある同市立美術館。 地元では「さくらいちりつ びじゅつかん」と呼ばれることも多い。 旧城下町の中心部に位置する。 

 

 

収蔵物

 

主な収蔵作家として、浅井忠、都鳥英喜、荒谷直之介、香取秀真、津田信夫、堀柳女など佐倉市と房総ゆかりの作家を中心に収蔵している。 

 

 佐倉市立美術館は、江戸時代、文武芸術を奨励した堀田藩11万石の城下町として栄えた佐倉の中心部に位置し、周辺には武家屋敷・旧佐倉順天堂を始め数多くの史跡が点在しています。 

 

大正時代に建てられた旧川崎銀行佐倉支店(千葉県指定有形文化財)の保存と活用を考慮して建設され、芸術文化に対する理解と親しみを持っていただけるような市民に身近な施設づくりをめざして、平成(1994)6年11月にオープンしました。 

 

 佐倉・房総ゆかりの作家作品を収集している当館では、これらの作品やその延長上にある日本の近代美術を紹介する展覧会を開催しています。 
また佐倉市と友好関係にあるオランダを中心とした海外の美術の紹介にも力を入れています。 
さらに現代美術シリーズ「カオスモス」や版画のシリーズ、夏休みの子ども向け企画や秋のアートプロジェクト事業など、美術のさまざまな様相を取り上げ、幅広い対象にむけて発信しています。 

 

 

以上、ウィキペディアホームページより抜粋


利用案内

■開館時間
午前10時〜午後6時(入館は午後5時30分まで)

 

■休館日  月曜日(祝日の場合はその翌日)

 

■入館料  無料
※展覧会の観覧料は、展覧会ごとに異なります。 

 

交通アクセス

  • 京成本線・京成佐倉駅より徒歩8分
  • JR総武本線・佐倉駅より徒歩20分

 

■所在地
佐倉市立美術館
 〒285-0023 千葉県佐倉市新町210
 TEL 043-485-7851
 FAX 043-485-9892

佐倉市立美術館の動画

佐倉市立美術館に関する質問

美術館について
私には高校2年生の娘がいますが、美術が大好きで学校も美術系の高校へ通ってます、そこで今年の夏休みに油絵が沢山ある美術館へ行きたいと思ってますが何処が良いのか分かりません。 東京在住ですが、日帰り旅行も

美術館についての詳細

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る