子どもと行きたい博物館・京都

日本の鬼の交流博物館

日本の鬼の交流博物館

博物館,美術館,京都,子ども

日本の鬼の交流博物館(にほんのおにのこうりゅうはくぶつかん)は、
京都府福知山市(旧加佐郡大江町)の大江山麓にある鬼伝説をテーマとする博物館。 

 

大江山には3つの鬼伝説が残されている。 この伝説を"町おこし"の起爆剤として活用すべく、
廃坑となった銅鉱山の跡地に1993年4月に開館した。 

 

外観は鬼の力強さや挑戦的なイメージを表現したRC造平屋建ての建造物で、
建築面積は639.81平米。 内部は200人収容の「鬼の交流ホール」を中心とした回廊に展示スペースが設けられている。 展示は4つのスペースに分けられる。 

 

 

どんなモノが見れるの?

* 「鬼とは何者かをさぐる」

 

全国あるいは世界中の伝統芸能やそこで用いられる面、
人形あるいは屏風画などを展示。 「祀られる鬼」「仏と鬼」「神楽の鬼」「暮らしの中の鬼」「追われる鬼」「民俗芸能の鬼」など鬼の多面性について紹介する。 

 

* 「大江山の3つの鬼伝説紹介」

 

大江山に伝わる鬼退治伝説の絵巻物などを展示。 (大江山および酒呑童子の項参照)

 

* 「日本における鬼瓦の推移を見る」

 

飛鳥時代から現代までの銘の入った鬼瓦を時代別に実物、
レプリカを含め約50個ほど展示紹介。 

 

* 「チビッ子おに」

 

子供の玩具としての鬼の面や絵本、
紙芝居など。 図書コーナー、
ビデオコーナーも備えている。 

 

博物館の前庭にある大鬼瓦は、
日本鬼師の会製作による、
高さ5m、
重量10tの日本一の大鬼瓦である。 

 

ホームページはコチラ


利用案内

開館時間 午前9時〜午後5時

 

休館日

  • 毎週月曜(祝日の場合は翌日)、

  • 年末年始(12月28日〜1月4日)

 

入館料

  • 一般    310円
  • 高校生   210円
  • 小中学生 150円

 

交通アクセス

JR山陰本線、
福知山駅下車。 北近畿タンゴ鉄道宮福線に乗り換え、
大江駅へ。 

 

舞鶴若狭自動車道 福知山IC、
または京都縦貫自動車道 舞鶴大江IC下車。 
国道175号線で福知山市大江町へ。 さらに国道175号線より府道9号線へ入り大江方面へ。 

 

住所 京都府 福知山市 大江町仏性寺(佛性寺)909

日本の鬼の交流博物館に関する質問

「鬼」の本
「鬼」について書かれた本で、

素人が読んで面白いものがありましたらご紹介下さい。 馬場あき子さんの「鬼の研究」は面白かったです。 

「鬼」の本の詳細

 

舞鶴or福知山に日帰り旅行
舞鶴or福知山に日帰り旅行京都から舞鶴か福知山のどちらかへ日帰りででかけようかと思っているのですが、

どちらにしようか迷っています。 そこで、
双方のお勧めのスポットなどを教えてください。 1人で出かけますので、
複数人でないと意味がない所(遊園地や動物園等)は無しでお願いします。 そのほかは、
景勝地や寺社などの歴史関係のモノでも退屈はしない性格です。 

舞鶴or福知山に日帰り旅行の詳細 

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る