子どもと行きたい博物館・埼玉

埼玉県立川の博物館

埼玉県立川の博物館

埼玉県立川の博物館 (さいたまけんりつ かわのはくぶつかん)は、埼玉県大里郡寄居町にある「川と水と人々のくらしをテーマ」とした河川系博物館。 
荒川をメインとした展示を主に行っている。 
博物館の入口には荒川の模型(荒川大模型173)があり、その隣には水を使ったアトラクション(わくわくランド)もある。 略してかわはくとも呼ばれている。 

 

どんな展示が見られるの?

第一展示室(常設展示)

荒川万華鏡・パノラマ映像・鉄砲堰き・ワークショップなど多数の展示コーナー

アドベンチャーシアター

3D映像とライドシミュレーターシアター(映像にあわせて座席が動くシアター)で川に関係する映像が楽しめる

 

荒川大模型173

荒川の総延長が173kmあり、この173をとって名づけられたこの模型は、荒川の源流(甲武信岳)から河口(東京湾)までの流れと地形を1/1000に縮小して表現した日本一の大型地形模型。 

 

大水車

国内二番目に大きな大水車、水車の直径23m。 

 

水車小屋の復元模型

埼玉県内に残っていた水車を解体して、この博物館敷地内で再現。  皆野のコンニャク水車 と 東秩父の精米水車 の二つの復元小屋。 

 

渓流観察窓

荒川に棲息するさかなが観察出来る。 又、魚にエサをあげる体験ができる。 

 

展望塔

冬になると谷川連峰・赤城山・男体山を眺めることもできる。 

 

荒川わくわくランド

水の科学的性質の流力、浮力、圧力、抵抗等を学習しながら体験出来るウォーターアスレチック。 

 

 

以上、ウィキペディアより引用。 
ホームページはコチラ

利用案内

■開館時間 

  • 午前9時00分から午後5時00分
  • (7月21日〜8月31日) 午前9時00分から午後6時00分

 

■観覧料

  • 一般 400円
  • 学生・高校生 200円
  • 中学生以下、65歳以上、障害者手帳を持っている人 無料

 

■荒川わくわくランド

  • 高校生以上 210円
  • 中学生まで 100円
  • 障害者手帳を持っている人 無料

 

■アドベンチャーシアター

  • 高校生以上 420円
  • 中学生まで 210円
  • 障害者手帳を持っている人 無料

 

交通アクセス

  • 東武東上線鉢形駅下車徒歩20分
  • 秩父鉄道・東武鉄道・JR八高線(寄居駅下車)、東秩父村営バスで博物館前下車徒歩1分

 

■所在地
〒369−1217 埼玉県大里郡寄居町大字小園39番地
総務担当/048−581−7333(博物館の利用、休館日、料金等について)
FAX 048−581−7332

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る