茨木市立川端康成文学館

茨木市立川端康成文学館

茨木市立川端康成文学館

休み,大阪,博物館,子ども,

茨木市立川端康成文学館(いばらきしりつかわばたやすなりぶんがくかん)は、大阪府茨木市にある文学館。  

 

日本人初のノーベル文学賞受賞者である作家・川端康成の業績の顕彰および紹介するために、両親の死後に祖父に引き取られた3歳から、旧制茨木中学校(現大阪府立茨木高等学校)卒業までを過ごした茨木市に建設された施設で、1985年5月に開館した。  

 

館では、遺品など約400点を展示するとともに、パネルやビデオで氏の作品と生涯を紹介している。  

 

どんな展示?

 

* 「生い立ち―宿久庄での暮らし」コーナー
* 旧制茨木中学・第一高等学校の頃と東京帝国大学・東大時代『伊豆の踊子』・『浅草紅団』 コーナー
* 『雪国』・『名人』・『千羽鶴』・『山の音』、日本ペンクラブ会長、世界の中の川端文学、『古都』コーナー
* 「ノーベル文学賞受賞」コーナー
* 「祖父母と暮らした屋敷の模型」コーナー
* 「ふるさとの家」コーナー
* ビデオコーナーA
* ビデオコーナーB
* 川端文学散歩


利用案内

* 開館時間:9時〜17時
* 休館日:月曜日の午後、火曜日、祝日の翌日
* 入館料:一般200円(茨木市民及び中学生以下は無料)

 

所在地

 

* 〒567-0881 大阪府茨木市上中条2丁目11番25号

 

交通アクセス

 

* JR京都線 茨木駅 徒歩20分
* 阪急京都線 茨木市駅 徒歩20分
* 無料駐車場あり

茨木市立川端康成文学館の動画

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る