子どもと行きたい博物館・阪神・神戸

菊池貝類館

菊池貝類館

菊池貝類館(きくちかいるいかん)は兵庫県西宮市にある貝類専門の博物館。 1984年に開設された。 

 

館長の菊池典男氏が世界各地を探検し収集した約8,000種の貝類資料を収蔵し、そのうち2,000種を常設展示している。 

 

この貝類館では展示ケースにガラスが張られておらず、200kgもあるフィリピン産の大シャコガイや世界最大の巻き貝アラフラオオニシからオウムガイ、サザエ、蛤まで、本物の貝を手にとって触ることができ、いろんな角度からの表情や重さや質感などを確認することができる。 

 

以上、ウィキペディアより引用。 

 

どんな博物館?

たまたま迷い込んで入った小道の奥に、つたの絡まる意味深な建物が・・!
看板をよく見るとそこには貝類館と書かれた看板があった。 

 

『世界の貝を展示しております、貝殻の美しさを見て下さい』その言葉につられてついつい奥へ・・そこには予想だにしない数の貝があったのだ。 

 

時間のある方は是非一度足を運んで欲しいちょっとしたパラダイスである。 。 。 ここを出る時あなたはきっとちょっとした貝博士になっていることだろう・

 

以上は、こちらより引用。 

 

利用案内

■開館日― 火・土・日・祝日

 

■開館時間― 午後1時〜5時

 

■入場料:

  • 大人200円
  • 子供100円

 

 

交通アクセス

阪神本線 香櫨園駅 徒歩18分

 

■所在地― 〒662-0957 兵庫県西宮市大浜町1-41
TEL:0798-35-5060

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る