子どもと行きたい博物館・阪神・神戸

虚子記念文学館

お休みに子どもを連れて行きたい動物園・植物園・水族館・博物館・資料館などの情報です!

虚子記念文学館

虚子記念文学館(きょしきねんぶんがくかん)は兵庫県芦屋市にある文学館。
現代俳壇の巨匠、
高浜虚子に関する資料の保存と公開を行っている。

 

 

虚子の直孫で俳誌「ホトトギス」主宰者である稲畑氏の住居に隣接して建てられている。
2000年4月に開館した。

 

 

虚子の生涯や資料の展示が中心であるが、
他にも夏目漱石「我輩は猫である」直筆原稿や、
正岡子規の書簡など貴重な文学資料を多数所蔵する。
多目的ホールでは俳句会などが開催されている。

 

 

以上、
ウィキペディアより引用。

 

 

ホームページはコチラ

 

 

利用案内

■開館時間  午前10時〜午後5時
 入館は午後4時30分まで

 

■休館日

  • 月曜日、

  • 祝日,
  • 振替休日の翌日、

  • 年末年始

 

■入場料
一般500円
18歳以下300円

 

交通アクセス

  •  阪急、

    阪神、
    JRの芦屋駅より阪急バスにて 「テニスコート前」で下車。
    鵺塚(ぬえつか)橋を渡り、
    南西へ徒歩10分

  •  阪神芦屋駅西口より芦屋川西岸を徒歩15分

 

■所在地
〒656-0074
兵庫県芦屋市平田町8−22
TEL 0797−21−1036
FAX 0797−31−1306

 

虚子記念文学館に関する質問

この俳句について教えてください。

高浜虚子の句「白牡丹といふといへども紅ほのか」を調べているのですが、

調べても見つかりません。
情景・主題・表現技法などが知りたいのですが…どなたか教えてください。

この俳句について教えてください。
の詳細

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加