子どもと行きたい博物館・阪神・神戸

植村直己冒険館

植村直己冒険館

植村直己冒険館(うえむらなおみぼうけんかん)は兵庫県豊岡市の植村直己記念スポーツ公園内にある博物館。 

 

郷土出身の英雄、国民栄誉賞を受賞した世界的冒険家・植村直己の偉業顕彰を目的として1994年4月に開館。 2003年1月には 新館が落成、全館リニューアルオープンした。 

 

遺族から寄贈された北極圏犬ゾリ単独行装備品を含む約300点の遺品や記念品、写真、映像などが展示されている。 植村直己個人を紹介するとともに冒険における技術等を紹介している。 

 

建築家栗生明が設計した冒険館建物は、1996年度日本建築学会賞受賞、1998年の公共建築百選に選出されている。 

 

以上、ウィキペディアより。 

 

 

館の特色

国民栄誉賞を受賞した世界を代表する冒険家植村直己を顕彰する施設として平成6年4月にオープン。 周辺の山並みを背景に取り込んだ約200mに及ぶまっすぐな通路は、大地を切り裂くクレバスを表現し、通路を主軸としてイグルー(雪洞)をイメージする展示室・映像ホールなどがあります。 

 

常設展示

犬ゾリ単独行、エベレスト(厳冬期・国際隊)、南極の越冬などで愛用した装備品約200点を展示し、冒険における「知恵と技術」を6つのテーマに分け、映像やパネルなどで紹介。 
 (この展示室での写真等の撮影はご遠慮いただいております。 )

 

研修棟展示・企画展示室

雪をイメージした白色を用いた展示ギャラリーには、五大陸最高峰の頂上石をはじめ、植村直己さんが旅先で収集した民芸品、絵はがきなど約280点を7つの項目に分けて展示しています。 植村直己の人の心を展示品を通して感じ取ってください。 
あわせて植村直己冒険賞受賞者の紹介をしています。 

 

また、植村直己さんの冒険行や人柄を紹介する企画展や、植村直己冒険賞受賞者などの特別展を開催する展示室もあります。 小ホールを活用することにより、開催規模に応じて3段階の広さに区切ることができます。 

 

体験コーナー

植村直己さんが冒険中に撮影した北極圏の氷原を駆け抜ける映像を観ながら、犬ゾリ(複製品)搭乗疑似体験ができます。 
テント(複製品)の中では植村直己さんの食事風景が流れており、冒険のひとときを感じることができます。 
 (このコーナーでは、写真等撮影可能です。 )

 

以上、ホームページより抜粋。 ホームページはコチラ

利用案内

■開館時間 午前9時〜午後5時 ■休館日
  • 水曜日(水曜日が祝日の場合は水曜日に開館、翌日が閉館)、
  • 年末年始(12/28〜1/4)
■入館料
  • 大人 500
  • 高校生 200円
  • 小・中学生 150円

交通アクセス

JR 山陰本線 江原駅より全但バス「稲葉」、「東河内」、「知見」、「金谷」行きに乗り約10分、「冒険館前」下車 徒歩で3分。 

植村直己冒険館の動画

植村直己冒険館に関する質問

植村直己氏について
植村直己氏は1984にマッキンリーでの交信を最後に帰らぬ人となったそうですが、そのあと遺骨等は発見・回収されたのでしょうか?

植村直己氏についての詳細

 

城崎温泉周辺のスポット教えてください。 
10月の3連休で、定年前の両親と城崎温泉に行くことにしました。 1泊2日で、城崎町今津に宿泊します。 1日目は城崎温泉で外湯めぐりをしようと思っています。 2日目の予定が全くたってないため、

城崎温泉周辺のスポット教えてください。 の詳細

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る