子どもと行きたい博物館・東京

足立区立郷土博物館

足立区立郷土博物館

足立区立郷土博物館(あだちくりつきょうどはくぶつかん)は、
東京都足立区の歴史、
生活文化に関する資料を収集保管するとともに、
展示等による事業活動を実施している博物館。

 

足立区内の古文書、
民具などを収蔵しているが、
全国的に知られる資料も次の通り収蔵、
公開している。

 

* 綾瀬金子家文書 - 慶応4年3月13日から4月1日に設営された新選組の五兵衛新田屯所に関する古文書。寄託資料。
* 下山事件資料 - 昭和24年7月5日に発生した下山事件に関する同時代資料である。平成19年(2007年)に刊行された柴田哲孝「完全版 下山事件 最後の証言」(祥伝社文庫)に同資料の位置づけが行われている。
* 浮世絵コレクション - もとの松方三郎コレクションを中心に約1060点をあつめる。
* 地口絵紙コレクション - 地口絵紙とは地口(一種の駄洒落)と滑稽な絵で構成される絵で行灯にして飾る(地口行灯)。この博物館では現在、
東京で製作される地口絵紙をコレクションしており、
博物館発行のカタログで都内の地口絵紙の作品が一覧できる。

 

 

以上、
ホームページより抜粋。ホームページはコチラ

利用案内

開館時間 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

 

入館料
大人(高校生以上)200円
団体(20名以上)は通常の半額
中学生以下の児童生徒:無料
区内在住、
在勤、
在学の70歳以上の方:無料

 

 

無料公開日
5月5日、
10月1日、
11月3日および毎月第2・第3土曜日は無料

 

休館日 毎週月曜日(祝日にあたる場合は開館し、
その翌日が休館)
年末年始(12月28日から1月4日)
くん蒸消毒日(年間1回夏季中)

 

お知らせ
郷土博物館は、
展示室改修工事のため下記の期間休館します。
休館期間 平成20年8月25日から平成21年3月14日

 

郷土博物館は昭和61年の開館より22年を迎えました。
この間に収集された資料や情報をもとに、
「足立区」の成り立ちを特徴づける「江戸・東京の近郊」をテーマに新しい展示に生まれ変わります。

 

交通アクセス

 

JR亀有駅北口より

  •   東武バス 八潮駅北口行 足立郷土博物館下車 徒歩1分
  •   東武バス 六ツ木都住行 東渕江庭園下車 徒歩4分

 

JR・東京メトロ千代田線綾瀬駅西口より

  • 東武バス 六ツ木都住行 東渕江庭園下車 徒歩4分

所在地 郵便番号120-0001 足立区大谷田五丁目20番1号
電話番号 03-3620-9393
ファクス番号 03-5697-6562

 

 

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加