子どもと行きたい博物館・東京

青梅市郷土博物館

青梅市郷土博物館

夏休み,東京,博物館,自由研究,

青梅市は美しい自然にめぐまれ、由緒ある史跡と豊かな文化財をもつ都市です。  

 

この郷土博物館は、多摩川の清流と豊かな緑をもつ釜の淵公園内に建てられ、昭和54年に移築された国の重要文化財・旧宮崎家住宅には、いろりもたかれ、民具類が置かれています。  

 

市民にとって、博物館は教養の宝庫であり、いこいの場であると同時に、勉学にいそしむ人々に対して、資料を提供する場でもあります。  

 

さまざまな企画展も開催しておりますので、広報などでご確認ください。  

 

四季折々の多摩川の風景を楽しむとともに、気軽にお立ち寄りください。  

 

以上、ホームページより抜粋。  ホームページはコチラ

 

 

その他の青梅市の施設には、プラネタリウム などもあります。  

青梅市立美術館 青梅市立小島善太郎美術館

 大正から昭和期の日本画、洋画、戦後の版画を中心に、多摩地域にゆかりの深い作家の工芸品など、2000点以上の作品を収蔵し、その中からテーマに沿ってピックアップした作品を常設展等で紹介しています。  

 

当館でしか見ることのできない作家の作品も多く、その独自のコレクションは日本の近代美術を知る上で見逃すことのできない内容です。  また、企画展、特別展等では日本国内の優れた作家の紹介に努めています。  

 

また、より多くの方に美術に親しんでもらえるよう、実技講座、講演会、音楽会などの主催事業のほか、美術サークル等の発表の場としてご利用いただけるスペースの貸出なども行っています。  

 

美しい自然に恵まれた青梅市、そのシンボルともいうべき多摩川を望む景勝の地に建てられた当館は、新緑や紅葉なども美しく、近隣の散策とともにゆったりと鑑賞を楽しめます。  

 

 

以上、ホームページより抜粋。  ホームページはコチラ


利用案内

郷土博物館

開館時間
午前9時〜午後5時
休館日 毎週月曜日
(この日が休日の場合は、その翌日以後の最初の平日(土曜日を除く)。  )、
年末・年始(12月29日〜1月3日)

 

観覧料 無料

 

郷土博物館・交通アクセス


JR青梅線青梅駅下車 徒歩15分

 

東京都青梅市駒木町1-684   
電話 : (0428)23-6859

 

青梅市立美術館

開館時間 午前9時〜午後5時
休館日

  • 月曜日(祝日にあたる場合は、その翌平日が休館。  )
  • 年末年始、臨時休館(展示替等)

 

観覧料 〈常設展〉

  • 大人200円、
  • 小・中学生50円
美術館・交通アクセス


JR青梅線青梅駅下車徒歩6分

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る