子どもと行きたい博物館・東京

切手の博物館

切手の博物館

切手,夏休み,東京,博物館,自由研究,

切手の博物館(きってのはくぶつかん)は、東京都豊島区に所在する切手関係の専門博物館である。  

 

1988年に設立された旧郵政省所管の財団法人フィラテリーセンターを前身とし、1996年に現所在地にオープンされた。  2000年に財団法人切手の博物館と名称変更し、中央省庁再編に伴い2001年より総務省所管となった

 

日本及び世界各国の郵便切手、郵便切手収集に関する文献について、資料の収集・保存、展示、調査研究等がなされている。  開かれた運営(マネージメント)、資料を探求し次世代に伝える(コレクション)、知的な刺激や楽しみを分かち合う(コミュニケーション)施設を標榜している。  収蔵品として、日本及び万国郵便連合(UPU)加盟の外国切手を約25万枚、カバー(封筒)類を約2万枚、郵趣文献及び雑誌を約3万冊保管している。  

 

館内は、3カ月ごとに展示替される企画展示とミュージアムショップがあるエキジビション・ゾーン、図書室と当館創設者の故・水原明窗記念コーナーがあるライブラリー・ゾーンによって構成されている。  図書室には、世界最初の切手であるペニー・ブラック(イギリス、1840年発行)や日本最初の切手である竜文切手(1871年発行)が展示されている。  

 

3階のスペース1.2では、夏休み期間、クリスマスなど期間を限って行う特別展が開催されるほか、切手バザールなどさまざまなイベントが行なわれている。  なお、館内には財団法人日本郵趣協会など郵趣関係の事務局もある。  

 

館内施設

  • 世界の切手ショウルーム
  •  世界各国で新発売された話題の切手と日本切手及び外国切手を常時6万種以上販売
  • 切手ショップ「モナリザスタンプ」、「ロータス・フィラテリックセンター」
  • フラワーショップ&カフェ「花よろず」

 

以上、ホームページより抜粋。  ホームページはコチラ


利用案内

開館時間:10:30〜17:00(ミュージアムショップは18:00まで)
休館日:

  • 月曜日、
  • 展示替時、
  • 年末年始

入館料:

  • 大人200円、
  • 小中学生100円
  • 障害者無料
  • 毎月23日の"ふみの日"無料

 

交通アクセス

  • JR山手線目白駅徒歩3分
  • 東京メトロ、西武新宿線各高田馬場駅徒歩7分
  • 東京メトロ副都心線・雑司が谷駅徒歩13分

 

 


切手の博物館
〒171-0031
豊島区目白1−4−23
TEL:03−5951−3331
FAX:03−5951−3332

 

 

切手の博物館に関する質問

外国の切手をまとめ買い出来る所はありませんか
いただきたいと思います。  とあるサイトで外国の可愛いらしい切手を紹介してあって、自分でも手に取ってみたくなりました。  一枚ずつ気に入ったものを購入するのも良いけれど、ランダムに切手が詰まった袋を開いておもちゃ箱を広げたみたいな

外国の切手をまとめ買い出来る所はありませんかの詳細

 

 

古い絵画の切手を扱っている切手店ありますか?
友人が絵の参考にするために絵画の切手を探しています!葛飾区、江戸川区、墨田区近辺でたくさん商品を扱っている切手屋さんを教えて下さい!

古い絵画の切手を扱っている切手店ありますか?の詳細

 

東京の変わった博物館(できれば小規模)
あります。  博物館や資料館や科学館等が好きでついでに行く事があります。  何度か行って大きいところや有名どころは見たので、ちょっとマニアックというか濃い感じの東京23区or近郊の博物館・資料館・科学館等を紹介し

東京の変わった博物館(できれば小規模)の詳細

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る