子どもと行きたい博物館・東京

葛飾区郷土と天文の博物館

葛飾区郷土と天文の博物館

夏休み,東京,博物館,自由研究,

葛飾区郷土と天文の博物館 は東京都葛飾区白鳥にある博物館。  1991年7月に開館した

 

どんな博物館?

 

古代以来「葛飾郡」の地にある郷土かつしかは、正倉院文書である「下総国葛飾郡大島郷戸籍」にも登場し、長い間農村地帯として発展してきました。  

 

しかし近代に入ると、関東大震災および第2次世界大戦を契機に急激な都市化の進行により、私たちの祖先の貴重な生活の証しである歴史遺産が日々失われつつあります。  

 

また一方では、太古から人類が抱き続けてきた宇宙への夢が実現されつつある現在、正確な宇宙観をはぐくむ科学教育が強く要請されています。  

 

葛飾区郷土と天文の博物館は、こうした郷土かつしかの自然と人間の歴史や、宇宙を身近なものとして体験する「場」とするために建設されました。  

 

葛飾区郷土と天文の博物館は、かつしからしさのある地域文化の一層の発展と、未来のかつしかを創造する拠点となる施設をめざしています。  

 

 

以上、ホームページより抜粋。  ホームページはコチラ


利用案内

開館時間

  • 月曜から木曜 9時〜17時
  • 金曜・土曜 9時〜21時
  • 日曜・祝日 9時〜17時

 

休館日:

  • 月曜日(祝日の場合は開館)
  • 第2・4火曜日(祝日の場合は翌日休館)
  • 年末年始(12月28日〜1月4日)

 

入館料

  • 大人 100円
  • 小中学生 50円
  • 幼児無料

 

プラネタリウム観覧料

  • 大人 350円
  • 小中学生 100円
  • 幼児 50円

土曜日の小・中学生以下の入館・プラネタリウム観覧は無料です

 

交通アクセス

  • 京成本線 お花茶屋駅下車、徒歩8分
  • 常磐線各駅停車 亀有駅下車、徒歩25分
  • 京成タウンバス(有57系統)「上千葉小学校」または「共栄学園」下車、徒歩5分
    バスは亀有駅より毎時00分と30分に発車
    レインボーかつしか(有71・有72系統)・京成タウンバス(有70系統)「白鳥わかば公園」下車、徒歩3分 

  • 水戸街道(国道6号線)「白鳥」交差点より車で3分


125-0063 東京都葛飾区白鳥3-25-1
電話 03-3838-1101 / FAX 03-5680-0849

葛飾区郷土と天文の博物館に関する質問

東京の変わった博物館(できれば小規模)

あります。  博物館や資料館や科学館等が好きでついでに行く事があります。  何度か行って大きいところや有名どころは見たので、ちょっとマニアックというか濃い感じの東京23区or近郊の博物館・資料館・科学館等

東京の変わった博物館(できれば小規模)の詳細

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る